各種認証の紹介

GAPへの取り組み

顧客から信頼される農産物の生産のために、「GAP」(Good Agricultural Practice)に基づく農場の管理をしています。

キーワードは、「持続可能な農業生産」のために「環境への配慮」をしつつ「働く人の安全と福祉」に配慮した農業生産です。

ハード、ソフト共に整い「GLOBAL GAP」「JGAP」の認証を受けました。これからの運用によってさらに充実させていく計画です。

GAPによる農場管理を行うことで営農活動各所においてトレース可能な取り組みへと展開でき、さらに各工程ごとの安全性を確実にすることで収穫された農産物の安全を確保し、法的・社会的な責任を果せるものと考えております。

したがってGAPによる農場管理は、当社の理念には欠かせないものなのです。

「JGAP」は国際標準となっているEU圏の先進事例(Eurep GAP)をもとに日本における適正農業規範の概念普及と日本での実践方法の確立「日本版GAP=JGAP」を勧めている、日本GAP協会の認証制度です。

詳しくは、こちらのURLをご覧下さい。
http://jgap.jp/

http://www.globalgap.org/cms/front_content.php?idcat=9

 

Comments are closed.